日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が、強行軍でロシアワールドカップのグループリーグ初戦の相手であるコロンビアを偵察することになりました。

日本代表は、23日にベルギーのリエージュでマリ代表と午後1時20分から親善試合を行います。監督はその直後に車でフランス・パリに移動して、同日午後9時開始のフランス―コロンビア戦を視察するとのこと。

初戦で激突するコロンビアを自らの目で細部まで分析することになりました。